引越しの費用を抑える4つの方法と最安値業者に依頼する方法!

未分類

大学に受かり春から一人暮らしをスタート。親には迷惑ばかりかけてきたからなるべく一人で安く引越しがしたい。

転勤で地方に単身赴任が決まりました。初めての引越しで料金の相場もわからないけどなるべく安く済ませたい。

こういった疑問に答えていきます。

 

ぶっちゃけ安く済ませたいのであれば見積もり比較サイトで見積もりをして最安値業者に依頼することですね。

↓↓↓それがコチラです↓↓↓

 

別に無料なのでやって損はないと思いますよ。

 

その他にも引越し費用を安く抑える方法を解説していきます。

 

引越し費用相場

 

まずは相場を見ていきましょう。

 

引越しの金額は荷物の量引越しにの距離によって値段が決まります。

付帯サービス(オプション)を付けると+αされていきます。

エアコンの取り外し、取り付けやピアノ、乗用車などの特殊荷物の運搬料がこれにあたります。

 

更に時期も料金に関係してきます。

引越し業界は

2~4月が繫忙期。

5~1月が通常期。

とされています。

 

急いでない人は5~1月に依頼をすると安くなります。

 

一般的な相場がコチラです。

 5月~1月の相場

一人暮らし、50km以内☞20,000円~23,000円
一人暮らし、50km以上☞30,000円~55,000円
二人暮らし、50km以内☞25,000円~30,000円
二人暮らし、50km以上☞42,000円~75,000円

2月~4月の相場

一人暮らし、50km以内☞26,000円~32,000円
一人暮らし、50km以上☞47,000円~80,000円
二人暮らし、50km以内☞34,000円~45,000円
二人暮らし、50km以上☞62,000円~110,000円

 

引越し費用を抑える方法①荷物を減らす

荷物が増えれば引越し費用は当然アップ。この引越しのタイミングで荷物を必要最低限に断捨離できれば、荷物をかなり減らすことができるはずです。

 

その荷物本当にいりますか??

 

いつかは断捨離しようと考えていても、なかなかできずズルズル先延ばしになりがちです。

「捨てるのがもったいない」と思っていたら物は増えていく一方です。

ここで捨てる勇気を持たなければ一生断捨離できずに終わってしまいますよ。

断捨離ができれば引越し費用も抑えられ、新居に持ち込む荷物も最小限にできるので一石二鳥!!

 

それでも断捨離できない人は洋服から断捨離してみてください。

(特に女性)

洋服は荷物が増えてしまう一番の原因です。

 断捨離する方法は簡単。

 

1年以上着ていない洋服は処分!

これだけです。簡単ですよね!

好きか嫌いか関係なく着ていない洋服だけを処分すればいいだけです。

1年以上着ていない洋服はこれからも着る確率の低い洋服なので処分しても困りません!

 

引越し費用を抑える方法②早めの見積もり

業者によっては1か月前に予約すると早割を受けられる可能性があります。

早割は業者によってはやっていない業者もあるので注意!

近年は「引越し難民」という言葉もでてくるくらいですから、日程ギリギリに予約をしようと思っても予約がとれないなんてこともありえます。

特に繁忙期に引越しが決まっているのであれば早めに予約をして引越し難民をさけましょう!

引越し費用を抑える方法③引越しコースの選び方

引越し業者にお願いする事が多くなれば費用は上がります。

逆に自分でできることはなるべく自分でやるようにすると費用を抑えられます。

 

・荷作り

引越し当日に業者がすぐに引越し作業に入れるよう、引越し前日までに荷作りを終わらせておきましょう。

・部屋単位で荷作りを行う。
・タンス、引き出し等収納スペースの荷物も忘れないように。
・小さくできるものはなるべく小さくして梱包。
・段ボールに、中身と運び先を記入しておく。

 

・荷解き

引越し完了後、段ボールの開封や片付けを自分で行いましょう。

・大きい家具や家電から設置を始める。
・段ボールを部屋ごとに運ぶ。
・段ボールは一気に開封しないで1つづつ開封が理想。
・すぐ使うものから開封。

 

・フリー便

フリー便とは引越しの日時を引越し業者に合わせて申し込むプランです。

通常の引越しでは、「午前便」や「午後便」という風にこちらが時間を指定して依頼します。

この時間指定をなくすことによって費用を抑えることができます。

ただ、その分自分のスケジュール管理が厳しくなりますのである程度余裕のある方にはオススメです。

 

・段ボール回収

荷解き完了後の段ボールをそのまま業者に引き取ってもらう場合、費用がかかります。

段ボールが大量にあり保管するスペースがない場合は引き取りをお願いしたほうがよさそうですが、それで費用がかかるのであれば一定期間は保管しリサイクルや廃品回収を利用し費用を抑えましょう。

 

といったように、どこまでをお願いするのかで費用がかなり変わってきます。

なるべく自分でできる部分は自分で作業することが費用を抑えるポイントです。

見積もりを依頼する際にもどこまでをお願いするのかを明確にしておきましょう。

 

引越し費用を抑える方法④値下げ交渉

実は引越しも値下げ交渉ができます。

まず値下げ交渉に準備しておく項目がコチラです。

・運搬を依頼する荷物の選定。

・引越し先の建物の情報。(何階か。エレベーターの有無。)

・オプションやコースの選定。

など詳しくどこまでを依頼してどこまでを自分で行うのかをしっかり把握しておくことが大切です。

 

次に訪問見積もりを3社ほど依頼してください。

このとき大手だけでなく、地元密着型の業者も選定することがポイントです。

大手だけでは価格はほとんど一緒なので地元の企業と比較することが重要ですね。

 

業者が訪問見積もりに来た際、

「複数から一番安い企業にお願いしたいと思っています。」

これもう直接言っちゃってOK。

で、1社目の見積もりを2社目に提示。2社目の見積もりを3社目に提示。

更に電話でOKですが、3社目の見積もりを1社目に伝える。

これを繰り返して最安になった企業にお願いをする事。

もうこれだけです。

 

まずは引越し比較サイトで無料見積もりを依頼して、安い企業に訪問見積もりを依頼しよう。

まずは無料見積もりしてみる?簡単だよ。

 

まとめ

引越しの相場をしっかり把握し、適切な金額で引越しを依頼してくださいね。

依頼する事が多くなればなるほど費用は上がっていきます。

自分で作業できることは自分で行って費用を抑えましょう。

コメント