ヘンリー王子が日本でしたある行動に嫁メーガン妃が激怒!ある行動とは!

ニュース

写真:Mark Stewart/Camera Press/アフロ

2019.11.12

どーも。こんにちは。お邪魔くんです。

2019年11月2日に、ラグビーワールドカップの決勝戦に進出したイングランドチームを応援するためにヘンリー王子が初来日をしました。

嫁メーガン妃と息子アーチー君をイギリスに残し単身で日本に訪れていました。

ヘンリー王子が日本で良かれと思ってしたある行動に嫁のメーガン妃が激怒しました。

今回は「ある行動」とヘンリー王子、メーガン妃についてみていきます。

決勝戦後に起きたある行動

惜しくもイングランドの優勝とはいきませんでしたが、決勝戦の試合後ヘンリー王子は優勝した南アフリカ代表チームのロッカールームを訪れた。選手、スタッフ一人一人と握手やハグを交わし勝利を称えていました。

この行動は全世界で話題となりヘンリー王子は称賛されました。

ただ、嫁のメーガン妃はこの行動に激怒したそう。

ビールを飲んだのがマズかったみたいです、、、

ヘンリー王子は幼少期アルコール依存症やマリファナ吸引など数々の問題行動を起こしてきており、アーチ―君を身ごもった時にヘンリー王子に「禁酒」の約束をしたという。

つまり約束を破ったとしてメーガン妃は激怒した。

 

メーガン妃厳しいですね。ヘンリー王子からしたら少し多めにみてもらいたい場面だったと思います。

  

ヘンリー王子

サセックス公爵ヘンリー王子。

ヘンリー・チャールズ・アルバート・デイビット

Henry Charles Albert Dabid

イギリス王位継承順位第一位であるチャールズ皇太子の次男として1984/9/15に生まれる。

長男ウィリアム王子のしっかりした性格とは裏腹にヘンリー王子は我が道を行くタイプ。

11歳の頃から酒やたばこに手を出し、イートン校時代に入学したばかりの14歳のときにはアルコール依存症を発病。2002年の夏にはマリファナ吸引騒動を起こし、父チャールズの説得によって麻薬中毒患者のセミナーに参加したこともあった。

wikipedia

他にも2008年に泥酔しパパラッチとの乱闘騒ぎを起こしたり、

2012年ラスベガスの高級ホテルで撮影された全裸の写真がゴシップサイトに流出したりと世間を騒がせる王子で有名でした。

ところがヘンリー王子が日本で行った活動や行動には称賛する声が多数あり人気が急上昇しているようです!

まずはフライト!

今年の8月に旅行のため2週間で4回もプライベートジェットを使用したことで、世間の人々からバッシングを受けたことが影響したのか、今回ヘンリー王子が来日したときは民間旅客機の全日空を利用しエコノミークラスだったという!

これには居合わせた人たちは腰を抜かすほどビックリしたようです。

更には、障害者スポーツと関わりが深いヘンリー王子はラグビーワールドカップ決勝戦直前に東京パラリンピックで実施される車いすラグビー、パワーリフティング、ポッチャの選手たちを激励しに訪問をした。

ときおりジョークを交えながら話す姿に親しみを感じた選手が多かったようです。

ラグビーワールドカップ決勝戦後のロッカールームでの立ち振る舞いや観戦中の秋篠宮さまとの会話で見せていたユニークな表情!ヘンリー王子が日本で行った活動や行動で日本国民にハートを鷲づかみにしイギリスに帰国していきました。

メーガン妃

サセックス公爵夫人メーガン

旧名 レイチェル・メーガン・マークル

Rachel Meghan Markle

アメリカの女優がイギリス王室の嫁に入ったのは異例中の異例のようです。

今までイギリス王室に嫁入りした方達は貴族令嬢イギリス人だけでした。

それに対してメーガン妃は貴族でも令嬢でもなくイギリス人でもありませんでした。

メーガン妃にはアメリカで一度離婚も経験していることもありイギリス国内や海外ではイギリス王室にはふさわしくないとの声が多いようです。

更にはイギリス王室は人前でキスやハグをすることはありませんでした。

メーガン妃はその形を破りキスやハグ、ダンスまでも人前で披露しています。

イギリス王室の伝統が崩れていくという声が多くメーガン妃は批判されています。

 

まとめ

ヘンリー王子もメーガン妃も我が道を行くタイプでお似合いなのではないでしょうか?!

イギリス王室という伝統も大事にしていかなくてはいけませんがこういう破天荒な感じも今の時代に合っている感じがしてよいと思います。

コメント