外国はクリスマスケーキを食べない?日本で食べない派も

イベント

もうすぐみんな大好きクリスマスがやってきます。

クリスマスといえばデートでしょうか?家族でクリスマスパーティでしょうか?

人それぞれかと思いますが、クリスマスケーキを食べる習慣はあるかと思います。

クリスマスケーキと言っても様々ですが、定番はイチゴがのったショートケーキですよね!

もちろん絶対食べなくてはならない物ではないので育った環境の違いでケーキではなくアイスを食べるやプリンを食べるといった家庭もあるかと思います。

クリスマスケーキを食べるのは日本だけなのか?

そもそもなぜクリスマスケーキを食べる習慣が生まれたのか?

について紹介していきます!

 

日本でクリスマスケーキを食べる習慣が生まれた理由

答えは企業戦略だったようです。

今では誰もが知っているぺこちゃんでお馴染みのケーキ屋さん不二家創業者の藤井林右衛門さんが大正元年にアメリカに行った際にイチゴのショートケーキに出会ったという。これを日本人好みの味に改良し大正11年に日本で販売したのが始まりといわれています。

販売当初はまったく売れなかったそうですが「クリスマスケーキ」と特別感をだして販売したところ爆発てきに売れ全国的に普及していったようです。

また藤井林右衛門さんはイチゴのショートケーキは色合い的にも、おめでたい意味のある「紅白」を使っているため日本人にピッタリだと感じていたようです。

こうして不二家創業者の藤井林右衛門さんの戦略によって日本でクリスマスケーキを食べる習慣が生まれました。

一人の戦略によって日本に新たな文化が作られたと考えるとすごいですね。

 

クリスマスケーキを食べるのは日本だけなのか?

前述で述べたように一人の戦略によって日本にクリスマスケーキを食べる習慣ができました。

のでクリスマスケーキを食べるのは日本だけです!

ただ、日本ではイチゴのショートケーキを食べるという習慣ですか外国は国によって違いますがデザートを食べる習慣はあるようです。

シュトーレン(ドイツ)

一時期日本でブームになったシュトーレンはドイツでクリスマスによく食べるデザートです。

生地にはドライフルーツやナッツが練りこまれ、表面には砂糖がまぶされています。たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いた長い形をしたパン。ずっしりと重くて日持ちするのが特徴です。

日本でもお馴染みになってきたシュトーレンはいろんなお店でも販売されています。

ドライフルーツがメインになってぎっしり入ったものから、生地がしっとりしているもの、ふわふわしているものなど種類も様々。

ビュッシュ・ド・ノエル(フランス)

ビュッシュ=木

ノエル=クリスマス

日本語に略すとクリスマスの木という意味。

基本的に黒ベースでなくてはいけないとか白ベースでなくてはいけないという決まりはないようです。

スポンジをクリームで包み木状にデコレショーンするといのがビュッシュといえる大切な部分。

クリームで覆われているのでわかりにくいのですが、中身はロールケーキです。

キノコを飾ったり、木の枝に見立てたチョコスティックを飾ったり、葉っぱに見立てた緑のクリームを飾ったりする。

本場フランスではマッシュルームを飾り付けるのが一般的。

パネットーネ(イタリア)

卵をたっぷり使った生地に、小麦粉とパネトーネ種という酵母を加え発酵させ生地を休ませるという工程を繰り返して作られる。

出来上がった生地にレーズンやオレンジピールなどのドライフルーツをラム酒に漬けたものを生地に練りこんで、ドーム型に焼き上げたもの。

大変手間がかるためイタリアではパン屋さんで購入するのが一般的。

長期保存が可能なのが特徴。

ドイツのシュトーレンと似ている。

 

まとめ

クリスマスケーキは世界共通ではなかったですね。

ただ、ものは違えどクリスマスにスイーツを食べる文化はほぼどの国にもあるというこでしょう。

日本でも必ずイチゴのショートケーキを食べるということでもないので紹介した世界のスイーツを用意するのもありですね。

それにしても藤井林右衛門さんの一人の戦略でここまであたりまえの文化が日本に生まれたとは思いもしなかった事実でした。

コメント