南アフリカ優勝!イングランドとの決勝戦を振り返る!ラグビーW杯

スポーツ

2019.11.2

ラグビーワールドカップ日本大会は本日決勝が行われ南アフリカがイングランドに32‐12で勝利し3大会ぶり3回目の優勝を果たしました。

3回目の優勝はニュージーランドと並び大会最多となりました。

これにより南アフリカは世界ランキングが3位から1位に浮上。

敗れたイングランドが1位から3位に後退。

ニュージーランドは2位をキープ。

 

決勝戦を振り返ってみます。

予想はエディ・ジョーンズ率いるイングランドやや有利ではあるがほぼ互角。

決勝戦でマスコットキッズに努めるのはのは、台風19号の影響で試合中止となってしまったナミビアvsカナダを担当予定だった2人が選ばれた。

2人にとって思いもよらない朗報に「夢みたい」「選手に手紙を書きたい」と嬉しさを語った。

南アフリカのキックオフで試合が始まる。

前半9分ペナルティゴールで南アフリカ先制。3-0

前半34分。6-6均衡した試合展開が続く。

ここまでの得点はすべてペナルティゴールによるもの。

更に2度のペナルティゴールを決め12-6南アフリカリードで前半を終える。

イングランドはらしからぬプレーが見られる。得意のセットプレーでもミスが目立ち、南アフリカに終始圧倒される。

南アフリカは全てのプレーで集中力が感じられる。自陣1mまで侵入されるも鉄壁のディフェンスでトライを許さない。スクラムでも終始圧倒。

後半開始5分またしても南アフリカがイングランドを突き放す。

スクラムで優位に立ち相手のペナルティを誘いきっちりゴールを決める。15-6。

後半20分。18-12南アフリカリード。まだノートライ。

イングランドも必死に追いつこうとするが南アフリカはそれを許さず!

決勝戦らしい戦いが続く。

南アフリカに待望の初トライが生まれる。

手薄になった左サイドの裏のスペースに蹴り出し、キャッチすると2対1の場面を作り左サイド待ち構えていたマピンピにラストパス。トライ!!

コンバージョンキックも決め25-12.南アフリカ突き放す。

後半25分。今度は右サイドからコルビがトライを決める。

コルビのスピードには誰も追いつけない!!最後イングランドの選手は諦めたほど快速で速すぎるコルビのトライで更に突き放す。32-12。

残り15分でイングランド意地の見たい!

南アフリカ最後まで集中力を保ち意地を見せるイングランドの猛攻に耐えノーサイド!

32-12南アフリカ3大会ぶり3回目の優勝!!

日本の多くの選手も語っていましたが、本当に多くの犠牲をはらって全てをラグビーに捧げてきた選手の涙をみると胸をうたれます。

ラグビーというスポーツを通して日本中が感動の渦に巻き込まれました。

こういう行動もスポーツの醍醐味!

試合中は熱くなって感情むき出しの選手達も試合が終われば全ての人に感謝を伝える。

スポーツ最高。いやラグビー最高!!!

決勝戦にふさわしい試合だったといえるのではないでしょうか!

南アフリカ本当におめでとうございます。

日本が負けたチームが優勝するとなんだか日本のファンの方達も嬉しい気持ちになるはずです。

ラグビーワールドカップ44日間涙あり!感動あり!の素晴らしい期間でした。

このワールドカップが日本で見れたことは一生の思い出となるはずです。

日本の選手をはじめ、出場国選手、スタッフ、大会関係者、来日した全ての方、ワールドカップに関わる全てのかたのおかげで最高な時間を過ごせましたね!

感動をありがとう!!

 

、、、それにしてもこのデクラークという選手は憎たらしいけど憎めない面白い選手ですね。

実力は折り紙つきですし。

コメント